ファッションコンサルティング honeyt

「ママになってからおしゃれに時間をかけられない!」または「歳のせい…?最近ファッションがきまらない…。」そんなお悩みを解決します!

骨格タイプ別おすすめジャケット*2017春

2週間前の投稿

骨格タイプ別おすすめジャケット*2017春

こんにちは!honeyt長汐ちはるです♪

ずいぶん更新せずで…汗汗
まあのんびりやっていきます★

さて、ずいぶん前にやろうやろう、とおもってなかなか更新できずにいた、骨格タイプ別おすすめジャケットのお話です!
骨格タイプ別といっても、はっきりとわかりやすいタイプの方と、混ざっているけど要素が多いということでこのタイプ!となった方とそれぞれいらっしゃるので一概には言えません。が、参考程度にどうぞ♪

骨格タイプ3種についてはコチラ

ちょっと時期が遅れてしまったのですが、春からお仕事などでジャケット着用の機会が増える方もいらっしゃると思います。
そんな方へ、ジャケットの選び方などご紹介します。

ストレートタイプおすすめ春ジャケット

ストレートさんはテーラードジャケットが一番お似合い!なので、ジャケット選びは比較的簡単です。
でもでも…。

なんだかカッチリしすぎていて(カッチリがお似合いのストレートさんなんですが…)もっとラフに、でもちゃんとした感が欲しい!でもこれじゃちゃんとしすぎ~~!ということが多いのではないでしょうか?(ややこしい笑)

いわゆるストレートさんが得意なコーデですが、ラフ感ときちんと感がいい具合に同居していますよね♪
(注:そでとパンツすそはストレートにしてはまくりすぎなので、もう少し「首」は見える程度くらいがよいです。個人差ですが、「首」から上がしっかりしている方が多いので、そこまで見えてしまうと太って見える可能性があります。)

このところ結構多く出ている、ノーカラー・カラーレスジャケットなどは、ラフ感とかっちり感を出しやすいです。
注意するところは、ストレートさんはその方の感じにもよるのですが、カラー(上襟)やラペル部分(下襟)が通常の太さがあったほうがしっくりくることが多いです。
細めカラーだと、存在感のあるストレートさんに負けてしまい、洋服が貧弱に見えてしまう事も。
張りのある素材はもちろんですが、襟まわりもしっかりとしたものがよいのです。スタンドカラーも首回りがほっそり見えるのでおすすめです。

じゃあノーカラー・カラーレスジャケットを選びたいときはどうしたら?

ストレートさんは「ストレート」という名の通り、直角的なデザインがお似合いです。
直角的でスクエア・ボックスなイメージのデザインのジャケットだと負けません!
裾のカットが直線的で緩めに絞りがあり、襟元Vラインは深めで、ポケットのふた(フラップ)もないくらいシンプルで。とにかく目線を下に下に。
大きめアクセサリーを投入して存在感のあるストレートさんとバランスをとるとよいですね。

ウェーブタイプおすすめ春ジャケット

ウェーブさんは女性らしいデザインがお似合いですね。
ノーカラーツイードジャケットは本当にお似合いです!!

でもそろそろツイード暑いな~…。という季節。

http://runway-webstore.com/

例えばシアーなカーデタイプのノーカラージャケット(風?)はどうでしょう。
透け感や体に沿ったラインもウェーブさんは得意なので、しっかりカッチリしたジャケットじゃなくてもきちんと感はでます♪

または

ペプラムなノーカラージャケットも柔らかな表情を出してくれるのでウェーブさんにぴったりです。

とにかく【丈は短め!】で。目線を上に上にあげていきましょう~♪

ナチュラルタイプおすすめ春ジャケット

ナチュラルさん全盛なここ数年ですが、この春もナチュラルさんは選び放題です!笑

ロングがよいので、コーディガンなどおすすめですが、お仕事となるとちょっとカジュアルすぎてしまいますね。
そうなるとストレートさんのように、テーラードジャケットがおすすめではありますが、テロテロ素材のジャケットがおすすめ!

袖もくしゃくしゃっと。シワが得意なナチュラルさんは大きめジャケットをサラッ、クシャッとラフに着ると良いですね♪
丈も長めに!

ショールカラーで丈も長く。長く。長く。縦長に。

もういっそ、このくらい長くても良い!だぼっと着ても骨格がしっかりしているので負けません!むしろそのくらいの方がバランスが取れてお似合い♪

もし丈が短いのがいいな~~~っという時には、素材感をナチュラルに寄せるとよいですね。

絞りもあまりなくって、素材感はテロンと感はもちろん、表面に凹凸があるような(麻とか)感じで。

 

いかがでしょうか。
最初にお伝えしたように、混合している方もとっても多いです(むしろそちらの方が多いかも)
同じ人間はいない!というように、タイプが3つでもきちんと当てはまるはずはないのです。

なので、しっかり診断とカウンセリングを受けていただいて、私だけに似合うものを知ることが大切です。

でも、ま、大枠といいますか、ざっくりとこのタイプはこういうのが強いよね!という事も知っておくと参考になりますよ♪

ではでは~。